2020/01/11 16:44

山梨県西嶋和紙の山叶製紙さんが東京にて書道のワークショップを開催されます。
見て触れただけでは違いの分かりにくい書道用紙。実際に書き比べて、その特徴を知ってみませんか?
_______________

山梨いいもの塾   -書shoと食Shoku-

山梨・西嶋和紙の「書道」レッスンと
山梨の「食」を楽しむワークショップ

【第1回目のテーマ】
書:山梨の書道用紙「西嶋和紙」の特徴を知る
食:まぼろしの大豆「あけぼの大豆」

書道用紙の産地、山梨県身延町の西嶋の和紙の特徴を、
山梨の「食」とともに、楽しく学んでいただく講座です。
書道のレベルは問いません。どなたでもご参加いただける内容です。

日時:2020年1月29日(水)
   1回目 13:00-14:30(定員10名)
   2回目 15:00-16:30(定員10名)
受講料:4,000円(税込)
会場:ギャラリーキッチンKIWI
___________________________

【書道講師紹介】今井香先生
書家・書文字デザイナー・書道講師
山の日アンバサダー・香書会主宰・現日会理事
中央大学文学部文学科ドイツ文学専攻卒業
玉川大学博物館学芸員資格取得
日本橋・小津和紙にて教室を開催。西嶋和紙の大ファンで、
作品展の出品作品にも西嶋和紙を多用されている。
___________________________

【食材の紹介】あけぼの大豆
山梨県身延町特産。栽培地と生産量が限られており、
入手が難しく「まぼろしの大豆」と言われています。
粒が大きくて甘みが強く、まるで栗のような味わいです!
今回は下記3品を味わっていただきます。
・蒸し大豆
・極上枝豆ディップ(ソルティー)
・極上枝豆ポタージュの素
___________________________

主催:山叶製紙株式会社
協力:身延町あけぼの大豆拠点施設(身延町役場)
   有限会社コンテンツ計画
   株式会社WACCA JAPAN



【お申し込み方法】
希望時間、お名前、メールアドレス、
お電話番号を下記までお知らせください。
yamakano@iaa.itkeeper.ne.jp
TEL 0556-42-2521
(担当:山叶製紙/遠藤)
またはWACCA JAPAN森崎
(mm@wacca-paper.jp)までお申し込みください。